おがけんニュース

【 2014年8月号 】 10種類・5180ピース!

更新日:2014年08月14日  カテゴリー: おがけんニュース

『毎月発行しているニュースレター・
 おがけんニュースのコラムを抜粋して掲載しています!』



おがけんニュースをご覧のみなさん、こんにちは!小川賢一です。


以前お伝えした、岡山県の工務店16社がモデルハウスを建てる
期間限定の住宅展示場、
岡山工務店EXPOは10月OPENに向け、
着々と各社の工事が進んでおります。


小川建美のモデルハウスも8月1日に、
全16社中16番目の棟上げをし、
これで16棟のモデルハウスの形があらわになりました。


まだ骨組みだけで、建物の大きさや形、配置とか、
屋根の向きなどしかわかりませんが、
各社特徴があり、とても個性的です。


大屋根の家・太陽光発電を載せるために片流れの屋根にしている家・
敷地に対して斜めに建っている家・和型の瓦が映える家・
ガレージのある家・・・

まだ工事は始まったばかりですが、
それぞれのカラーが出ていて○○工務店らしい家、
△△建設らしい家になっているのです。
理由はわかりませんが、これが社風の結果だと思うのです。


そこで、『社風』という言葉を辞書で調べると

「企業の中の人々に共有された行動の様式,スタイル。
それぞれの企業は意思決定の方法,伝達の方法,
上下間の接触の仕方,共同の方法,
説得の方法などに関して独特の特徴を持っている。
社風は,企業の価値観,信念,規範としての
目に見えない企業文化を知る重要な手掛かりである。」


と書いてありました。
つまり、各企業の特徴は価値観・信念・規範から出来あがってくる、
ということなのですが、それらは自然に生まれるのではなく、
おそらく創業者(社長)個人の性格から生まれるのだと思います。


この16社の社長、全員男性ではありますが、
年齢も違えば、おそらく性格もまるっきり違います。
それぞれの社長の考え方・価値観が社員に浸透し、
それが社風となり、当然モデルハウスも特徴が出てくるのです


逆を言うと、社風のない会社・特徴のない会社は
社長の考え方・価値観が社員に浸透していないと言えるかもしれませんね!


会社でいうと社風、家族でいうと家風となりますが、
皆さんの家庭に家風はありますか?
なければ家長の考え方・価値観が家族に浸透していない証拠です・・・


「いやいや家族は血でつながっているだろう!」
という考え方もありますが、
血は姿・形に影響を与えるもので、
考え方・価値観などの性格は
育て方からくるのではないでしょうか?


現に会社では血はつながっていなくても、
人材育成により社長の考え方が社員に浸透しているのですから、
子供の性格もきっと育て方ですよ。


『明るく、さっぱりした家庭』『ルールに厳しく、真面目な家庭』
『やるべき事はやるけど、楽しそうでない家庭』
『元気はあるけど、罵声が飛び交いピリピリしている家庭』

いろんな家庭・家風がありますが、
その家風はお父さんの性格からきているのでしょうか?
それともお母さんでしょうか?


それによって、その家の家長がどちらかがわかります。
お父さんの性格で家風が出来ているのであれば亭主関白!
お母さんの性格ならかかあ天下!
どちらがいいという事ではありませんが、
家風がないという事は家長不在、
リーダー不在かもしれないので、
この場合は上手くいきません。


お父さんとお母さんの意見が違う時、
子供はどちらの言う事を聞けばよいのかわからないからです。


また、お父さん・お母さんが
自分の性格を偽って子育てをしても上手くいきません。


それは、子供から見ると
言っている事とやっている事がバラバラに見えるので、
親の言う事を信じないし、従わないからです。
是非、家長を決めて世界に唯一の家風を作ってくださいね。


話は元に戻り、
小川建美の社風は僕ではなく創業者(僕の父親)から成り立っています。


創業54年目になりますが、その中で僕が社長になったのはたった10年前、
なので、44年間の社歴の中で創業者の性格が社風になり、
家庭の中で家風がつくられ、
そこで育った僕は父親の性格を受け継ぎ、
この10年間も結局創業者の性格で社風が成り立っているのだと思います。


父親は79歳!10年前に一番想いのある会社から身を引き、
当初は「プロゴルファーになる!」とゴルフに夢中でしたが、
今年に入ってから元建具職人の血が騒いだのか、
なぜか机を作り始めたのでした!


そして、その机が先日完成したのです。
本人は自分の生きた証(遺作)として作ったと言っていましたが、
その出来が凄いのです!


決して今風のシンプルなものではなく、
その真逆でトコトン細かい所までやりぬいた超大作!!
そのパーツは10種類の材木を使い分け、
なんと5180ピースもの細かいパーツから成り立っているのです。


一番小さいものは、わずか3mm!!
よくもまぁ一つ一つ丁寧にやりきったものです。もちろん全て手造り!


この机を見て、
おそらく小川建美の社風は「小さい事の積み重ね」だと確信しました!


そう考えると僕もその考え方に共感して、
今の信念にたどり着いたのだと思います。おそるべし家風と社風!!!


『小さい事の積み重ね ⇒ 積小為大 
           
机は会社の玄関に飾ってあります!』
             
木造ホーム㈱小川建美 小川 賢一

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【2014年7月号】 Enter テイナー

更新日:2014年07月14日  カテゴリー: おがけんニュース

『毎月発行しているニュースレター・
 おがけんニュースのコラムを抜粋して掲載しています!』



おがけんニュースをご覧のみなさん、こんにちは!小川賢一です。


小川建美は社員数23名の小さな会社ですが、
とても個性の強いスタッフが集まっています。


そもそも全ての人には個性があるはずなのですが、
社会人になると『社会人とはこうあるべきだ』とか
『この仕事は○○しなければならない』など、
固定概念マニュアルが邪魔をして
個性を出すタイミングがないのです。


小川建美では、まず「固定概念は必要ない!むしろ邪魔だ!!」
という考え方から始まり、
マニュアルは『やらなければならない事』と『してはならない事』だけに徹底し、
『やった方が良い事』は絶対にルールにしません。


更に、スタッフには自己開示を要求し、
「自分を隠している人間がお客さんに信頼されるはずがない!
不自然な敬語はいらないから、自分の言葉で話せ!!」
と言っているので、
多くのスタッフが、本来持っている個性を出せているだけなのです


その結果、几帳面な人・大ざっぱな人、
理性的な人・感覚的な人、
お喋りな人・聴くのが上手な人、
そして、明るい人・ネクラな人、
などなど、良い面・悪い面を含めて
いろんな個性が溢れています。


そんなおがけんスタッフの中でも、
明るく天真爛漫な個性を持っているのが
江國里美さんです。


江國さんは会社の経理をたった一人で切り盛りしてくれる、
責任感が強い優秀なスタッフです。


普通、経理と言えば毎日数字と向き合い、
無言で、淡々と、冷静沈着に仕事をしているイメージですが、
うちの会社の経理・江國さんはその真逆で、
よく喋り、独り言を言い、
バタバタと、「あっ!」とか「もぉっ!!」とか言いながら、
その責任感で正確に仕事をしてくれ、
かつ、会社のムードメーカーなのです。


そんな江國さんの日常の出来事でした。

江國さん 「タッ・タッ・タッ・タン・パン・パン・バン・バン・バリッ・・・・あ”~・・・どうしてぇ~」
(キーボードを叩く音です。普通は「カタカタカタ」ですが、アナログ世代の江國さんの奏でる音はいつもこうです)

武鎗さん 「カタカタカタ・・・、えっ、どうしたんですか?」(武鎗さんはスマートなデジタル世代です)

江國さん 「もぉ~なんで割れるん!どうゆう事~これ!不良品じゃねん?このパソコンまだ買ってから2年しか経ってねぇのに!!」

武鎗さん 「壊れたんですか?」

江國さん 「エンターキーが割れたんよ~これ、ど~する~?」

武鎗さん 「・・・(汗)」

角さん  「パン・パン・パン、江國さん、そりゃ~ねぇ~わぁ~!!(笑)」(角さんは48歳、もちろんアナログ世代)

江國さん 「角さんに言われとぉ~ねぇ~わぁ~、えっ、角さんこそ、そのパソコンのボタンが取れとるがぁ~」

角さん  「こりゃ~たまたま、当たったら取れただけじゃけぇ~割れちゃねぇ~もん!」

武鎗さん 「・・・2人とも、どっちもどっちだと思います。カタカタカタ・・・」


そんな明るく天真爛漫な江國さんの仕事は
経理だけではありません。


もう一つの大切な仕事・
もち投げイベントのリーダーも兼任しているのです。


このイベントがスタートしたのは、今から6年前。
それまで もち投げをするお客さんはほとんどおらず、
あっても年間に1~2件くらいでした。


そして、その多くはもち投げの伝統が残っている地域(田舎)で
建替えをするお客さんだけだったのです。


なので新しい分譲地でもち投げをするお客さんは皆無でしたが、
ある時新しい分譲地で建てる30代のお客さんが
「もち投げをしたい」と言われたのです。理由は2つ!!


 ①一生に一度しかない我が家のもち投げで、
  子供たちに「投げる方」の体験をさせてあげたい

 ②最近の子供達はもち投げ自体を知らないので、
  我が子の友達や近所の子供達に「拾う方」の体験をさせてあげたい


それを聞いた時に、
多くのお客さんも同じ事を思っているのではないか?
と感じました。
なのに、もち投げをやらないのはなぜか?僕が考えた理由は2つ!

①やっぱりお金!夢のマイホームに何千万もかかっているのに、
 もち投げにお金をかける余裕はない

②おもち・お菓子はどこで買えばいいの?
 量はどれだけ買ったらいいの?
 そもそも、そんな用意をするのが面倒くさい


もち投げをするとお客さんはとても感動的な体験ができるし、
近隣の人達も伝統を引き継ぎながら楽しい体験ができるし、
これから工事をする小川建美にとっても、
工事のご迷惑をかける近隣の方から
『あのもち投げをした家』という事で
好意的に見てもらえることもあるので、
まさに三方良し
(お客さん・近隣の方・工務店みんなが幸せ!)なのです。


なので、もち投げをやらない理由は 全部小川建美が解決し
(おもち・お菓子とも、全て小川建美の負担で用意する)
このイベントが始まったのです。


そして、どうせやるなら、
この伝統の意味を多くの人に知ってもらい、
たくさんの人に楽しんで欲しいという想いをこめて、
小川建美で一番明るい江國さんが、
エンターテイナーとして前説を担当し、
ためになる話をしたり、
涙あり、笑いありで仕切ってくれているのです!


もち投げイベントは毎月開催しているので、
ぜひホームページでチェックして参加してみてくださいね!



『江國さんのライバルはUSJターミネーター前説の綾小路麗華さん、です!』
                   木造ホーム㈱小川建美 小川 賢一



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【 2014年6月号 】 信じるか、信じないか、それは・・・

更新日:2014年06月14日  カテゴリー: おがけんニュース

『毎月発行しているニュースレター・
 おがけんニュースのコラムを抜粋して掲載しています!』


おがけんニュースをご覧のみなさん、こんにちは!小川賢一です。
先日、社内であった雑談です。


片田くん 「いやぁ~太陽光 めちゃスゴイでぇ~」

数名のスタッフが「何・何?」と近寄っていき・・・

片田くん 「これやったら、
      あっという間に太陽光分のローン返済も終わるでぇ~!
      その後は…♪♪♪」

僕    「おぉ~!これなら、退職金どころか、年金も要らんなぁ~」
     (どさくさにまぎれて、さりげないコメント・・・)

阿弓さん 「えっ!?どれくらい発電してるんですか?」

片田くん 「この表がうちの太陽光のシュミレーションで、
      こっちが実際の売電価格で・・・」

阿弓さん 「え”~!スゴイ!やっぱりうちも太陽光、
      検討した方が良かったかなぁ・・・」

青井くん 「・・・ちょっと僕にも見せてください・・・」

武鎗さん 「あれ?青井さんは太陽光に
      興味なかったんじゃないんですか?
      つけるんですか?太陽光派の奥さんが喜びますよ~♪」

青井くん 「やっぱ外観デザインも大切じゃけど、
      お金も大切じゃし・・・
      武鎗、嫁さんには余計な事言わないでよっ!
      もっとよく考えるから!」

阿弓さん 「うちの旦那も外観重視派だから、
      この話は内緒にしてくださいね!」

出演:片田くん(営業課長・徳島出身なので中途半端な関西弁を多用。昨年末に自宅に太陽光を設置!)
   阿弓さん(広告担当・社内恋愛で同期の岡本くんと結婚し、亭主関白の『外観こだわりマイホーム』を建築中)
   青井くん(営業部主任・地元をこよなく愛し、ふるさと玉野でマイホーム計画中)
   武鎗さん(インテリアコーディネーター・岡本家と青井家の担当コーディネーターであり、どちらかというと女性の味方)



最近ブームの太陽光パネルの話ですが、
太陽光についていろいろ勉強している住宅会社の社員同士でも
意見は分かれます。


ちなみに、昨年小川建美で
マイホームを建築されたお客さんは45組、
その中で太陽光を設置したお客さんは9組。
太陽光設置率は26.7%です。


小川建美では、
中立な立場でお客さんに選択して欲しいという想いがあるので、
偏った結果にはなっていませんが


『今こそ太陽光!』という感じで、
太陽光設備は当り前!という説明をしている住宅会社もあり、
その場合そこで建てるお客さんの設置率は
90%を超えることも よくあります。


ガス住宅か電化住宅かも同様で、
小川建美では昨年1年間の電化住宅率は71.1%
統計は分かりませんが、電化住宅率の高い岡山県だと、
これはかなり低い数値になるはずです。


なぜこんなにも結果が違うかというと、
結局商品の説明の仕方一つで、
同じお客さんでも選択する結果は違うのだと思います。


「そりゃ、今は太陽光をつけないと、損ですよ!」
「これだけの屋根面積があれば、住宅ローンも発電してくれますよ!」
「今は、みんな電化住宅ですよ!」
「電化住宅の方が火事の心配もないし、何より掃除がしやすいので、絶対に電化住宅ですよ!」


という偏った意見だけを聞いてしまうと、
おそらく多くのお客さんが納得して
太陽光や電化住宅を選ぶと思うのですが、


「投資額分は発電すると思いますが、
10年以上経ってどれだけメンテナンスが必要か?
発電効率は落ちないのかは不明ですよ」
「何より、せっかくこだわった外観が・・・」
「ガスの方が料理は美味しいらしいですよ」


など、反対意見もちゃんと聞いた上で判断しないと、
自分の選択にはならないと思います。


でも、この反対意見を聞けるチャンスは
意外にないんですよ!


特に一生に一度しか購入しない住宅の場合は、
本当に偏った判断がよく起きるのです。


例えば岡山県の場合、
大手ハウスメーカーで建築するお客さんの割合は26.8%
国平均が12.9なので、
岡山県は断トツ日本一!


ハウスメーカーの家が
たくさん建っている県だと言えるのです。
理由はお客さんが工務店の話を聞くチャンスが少ないから。


これは、ハウスメーカーが悪いのではなく、
工務店の努力不足が原因です!


工務店の存在を知らないまま
住宅会社を決めている人が26.8-12.9=14%もいる、
つまり、100人のうち14人は
間違ってハウスメーカーで建築しているかも知れないのです


そこで、地元の工務店16社による住宅展示場が
この秋岡山市南区にオープンする事になりました!


詳細は後日ご案内しますが、
このような企画は全国でも初で、
業界人も大注目のイベントです。


もちろん、お客さんにとって、
工務店で建てるのか、建てないのかを判断する上で、
最高のイベントになります!



『全国初!一見の価値あり!!
   工務店の、工務店による、工務店だけの住宅展示場!!!』
              木造ホーム㈱小川建美 小川 賢一


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

6 / 6« 先頭...23456