OGAWAKENBI
ブログ
『 西日本豪雨災害について 』おがけんニュース2018.09号より

おがけんニュースをご覧の皆さん、こんにちは! 小川賢一です。

 

西日本豪雨災害が起こり、小川建美のOBさんも20家族以上の方が被災されました。

今回はとても身近で起きた災害なので、色々な事を考えさせられます。

 

僕の記憶では、1995年の阪神淡路大震災から、

地震災害はもちろん、火山噴火・豪雪・高潮・豪雨・洪水・土石流・・・

 

毎年のように自然災害が起き、

テレビや新聞で目にするたびに、

「 なんでこんな事に・・・大変だなぁ・・・」と思うと共に、

寄付ぐらいしか出来ない自分、

この災害が当たり前になってきて『 他人事 』になっている自分がいました。

 

今回、僕の見方が違うのは、自分自身も被災者になって、

当事者とそうでない人の差が少しは分かるようになったからです。

 

今までの、どこか『 他人事 』だった僕は

 ・大変だと思うし、何かできる事があればやりたいけど、

      遠方だとボランティアには行けない

 ・仮に知っている人が被災したとしても、

     どう声をかけてよいのか分からない( 遠慮してしまう )

 ・募金はするけど、本当に役に立っているのか、確信が持てない

 ・なんとなく、「 災害 」→「 自粛 」という気持ちになる

 

『 被災者 』としての僕は

 ・大変だけど、何からしていいのか、分からない

 ・たくさんのボランティアの方が来てくれていましたが、

      距離に関係なく、ボランティアに行く人は行く

 ・心配してくれたり、「 何か出来る事はありませんか? 」

      声をかけてくれるだけで、素直に嬉しい

  ( 僕の場合、お客さんが心配して声をかけてくれたのは、本当に有難いと感じました )

 ・現実的にお金は必要で、義援金の分配は有難いと思うし、とても助かる

 ・今まで普通に生活していたことに、感謝できるようになった

   ( 避難所や仮住まい、実家への同居はそれを感じさせる )

 ・被災したからといって、色んなイベントを自粛して欲しいとは思わない

 

これから復興が始まりますが、建築会社と被災者という、

両方の目線ではっきりと言えるのは、

この復興は『 商売 』ではなく、『 応援 』にして欲しいという事です。

 

現実問題として、多くの建物を改修するためには、

たくさんの職人さんや資材が必要になり、

需要が増し、費用が高くなる傾向になるのですが、

こんな時こそ、地元の会社は復興を、金銭的にも『 応援 』するべきだと思います。

 

小川建美でもしっかりと議論し、

地元の建築会社として被災されたOBさんに対して

しっかりと『 応援 』すると決めました。

 

また、毎年開催しているOBさん感謝祭( 運動会 )も、

僕が被災していなかったら自粛していたかもしれませんが、

感謝祭をすることで、被災されたOBさんに対する

『 応援 』に繋がるのではないかと思い、

被災されていないOBさんに対しても今まで通り『 感謝 』するためにも、

今年もOBさん感謝祭を開催します。

 

 

『 10月28日に行われるOBさん感謝祭では、会社の姿勢が試されます! 』

 木造ホーム(株)小川建美 代表取締役 小川賢一

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

page top
お問い合わせ
資料請求