おがけんニュース

【 2017年8月号 】 競争相手は…?

更新日:2017年08月01日  カテゴリー: おがけんニュース

 

おがけんニュースをご覧の皆さん、こんにちは! 小川賢一です。

先日、息子のコウタが通っている『おかやま山陽高校』が甲子園出場を決めました!

なんと、創部69年目にして初の快挙だそうです。

 

コウタはスタンドで応援ですが、一緒に入学した中学の同級生が、

なんと2年生にして4番バッターで、今大会は号外新聞に載るほどの大活躍でした。

 

少し複雑な気持ちもありますが、やっぱり素直に嬉しいという気持ちがあるのです。

理論派の僕は、息子が出場しない試合の応援なんか行くはずがないと思っていました。

ベンチにすら入っていないのに・・・

ところが、決勝戦はマスカットスタジアムまで観に行ったのです。

引き分け再試合になった翌日も もちろん観戦し、

手が腫れるほど手を叩き、応援しまくったのです。

 

 

 

何が言いたいかというと、僕が観戦に行った理由です。

もちろん、「勝てば甲子園!」という決勝戦だったからというのは当然あるのですが、

これが母校の倉敷南高校だったら・・・間違いなく行ってないのです。

仮に僕が野球部のOBだったとしても同じです。

 

母校だからとか、話したこともない友人の子供が出場している事よりも、

「知っている人が出ているから!」が一番大きな理由です。

もちろん、コウタがそのチームに所属している事が大前提ですが、

日々、コウタとの雑談を通して、野球部の先輩や同級生の人となりを感じて、

僕が一方的に知っているのです。

 

やっぱり理屈ではなく、感情行動に結びつくのです。

正しいか正しくないかよりも、好きか嫌いかなのです!

そういう意味では、今僕が一番好きなのはやっぱり家族で、

二番目は一緒にいる時間の長いスタッフです。

もしかしたら、何年も会ってない幼なじみよりも、スタッフの方が上かもしれません。

だからこそ、スタッフのために頑張れるのだと思います。

 

 

もう一つ感じたのは流れについてです。

野球の解説でよくある「流れが変わってきました!」のアレです。

空気というか、雰囲気というか、

根拠はないけど、「いける!」「勝てる!」というやつです。

 

その「流れ」が変わるポイントが、少し分かったような気がしました。

それは「競争相手」です。競争相手が相手チームの時には「流れ」は来ません。

「勝てるか、負けるか」が、常に相手に左右されるからです。

バッターなら競争相手がピッチャー、またその逆も同じで、

打てるかどうか、抑えられるかどうかは競争相手によって左右されるのです。

「相手チームは優勝候補だから・・・」「カーブがきたらどうしよう・・・」

「ストレートを待っていたら・・・」

そう考えていたら、自分の実力を100%発揮できないのです。

 

 

『流れ』がやってきた時、どんな風になるかというと、

目の前に対戦している相手はいるのですが、競争はしていないのです!

頭の中は『勝ち負け』ではなく、『優勝』しかないんです!

「打てるかどうか」ではなく「打つ」んです!!

「抑えられるかどうか」ではなく「抑えてしまう」んです!!!

あえて競争相手を挙げるとするなら、それは自分自身です。

自分のベストを追及する!100%の実力を発揮する!

昨日の自分より今日の自分の方が成長している!

相手が自分ならば、必ず勝てるのです!!

 

 

先日、「自分自身と戦う出来事」を目の当たりにしました。

今から3ヶ月前、トイプードル風の小型犬を河川敷で拾いました。

落とし主が分からなかったため、小川家の一員となり、呼び名は「ハナ」。

僕の中では「鼻」、相方の中では「花」と言っているようですが、

名前の件はさておき、ある日の散歩中に事件は起こりました!

 

伸縮するリードを購入し、ひもを約1.5m伸ばして右手にリード、

左手にウンチ用の袋を持って優雅にお散歩していたところ、

快便のハナは予定通り道端で大きい方をやらかしたのです。

いつも僕の周りから離れないハナなので、

ウンチを拾おうとそちらに近寄ると、ハナも寄ってくる・・・

これでは やりにくいので、2mくらい離れたところにリードの本体を置き、

邪魔されないように処理しようとすると、やっぱりハナが僕に近付くのです。

紐が伸び切ったその時、ハナの「自分自身との戦い」がスタートしました!

伸びきった紐の先にあるリード本体が引っ張られ、

ハナの方に「ガリッ」と音を立てて近づく

⇒その音にビビったハナは、音から逃げようと更に前進

⇒当然、リード本体も同じように「ガリッ・ガリッ」と寄ってくる・・・

 

 

その後は想像どおり・・・

ハナの頭の中は自分に「ガリッ」と音を立てて近付く

謎の物体への恐怖でいっぱいになり、

何とか逃げようと一目散に走っていったのです!

いつもは僕と同じくらいの速さでしか歩かないハナですが、

本気で走るとかなりのスピード。

僕が追いかけても距離は縮むどころが、どんどん離されていき、

「このまま行ったら車道に突っ込んでしまう!」と思ったその瞬間、

リード本体が道端のポールに絡まり、ようやく止まることができました。

まさに自分の影との戦い!

自分自身との勝負で本気で走り、そのスピードを僕に見せつけたハナでした!

 

 

 

『 自分のベストを追求できる、直感で好きな住宅会社を見つけてくださいね!!

 

                     木造ホーム㈱小川建美 小川 賢一     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【 2017年7月号 】 ○○は、見ている…!!

更新日:2017年07月10日  カテゴリー: おがけんニュース

 

おがけんニュースをご覧の皆さん、こんにちは! 小川賢一です。

皆さんは正義感・倫理観は強い方ですか?

自分で言うのもなんですが、僕は強い方です。

この正義感・倫理観が強い人がよく言うのがは見ている!」です。

絶対に誰にも分からない悪事も、神様は見ているから、悪い事はしない!

嘘はつかない!ポイ捨てはしない!ルール違反もしません!

どんなに小さな悪事でも、誰にも迷惑はかからなくても、

神様が見ていると、後から『バチが当たる』ので、正しく行動できるのです。

 

 

でも、この正義感・倫理観は生まれ持ったものではありません。

当たり前ですが、倫理観のある赤ちゃんなどいるはずもなく、

赤ちゃんは何でもありの無法地帯で生きているので、

周りの人(特にお母さん)に迷惑をかけっぱなしです。

つまり、正義感・倫理観が0%でスタートしてから、大人になるまでに、

何%になるかは人それぞれです。

もちろん躾や育て方もあると思いますが、

それ以上に大きく影響している事が2つあります。

 

 

一つは、自分自身の経験・体験によるものです。

つまり、良い事をしていい気持ちになったり、

悪い事をして嫌な気分になったことが多い人は正義感が強くなるし、

良い事をしてもそんなに褒められず、

悪い事をして得をしたことの方が多いと、

正義感は身につかないのだと思います。

僕の場合は前者で、小学生の頃、夏休みに沖縄へ家族旅行に行く予定だったのが

、台風で中止になったのですが、友達には嘘をついて行った事にしたところ、

つじつまが合わなくなり、嘘に嘘を重ねていった結果、

とても気まずい関係になった・・・という経験が嫌な記憶として残っているため、

『嘘=面倒くさい』 となり、嘘はつかなくなりました。

 

その反面、言った事は何が何でもやり抜く有言実行ではなく、

出来なかった時、嘘をついたことになるの恐れて、

目標などは口にせず、黙ってやるべき事をやる不言実行タイプになりました。

なので、経営者のくせに、大きな夢を語るとか、

ビジョンを示す事なんかは、物凄く苦手です・・・

 

 

もう一つは、親の背中を見て染みついた価値観です。

子供にお父さんはよく○○しろ!と言うけど、お父さんもやってねぇがぁ~

と言われたこと、ありませんか?

こうなると、いくら正しい事を言っても、子供は反発するだけです。

挨拶をしなさい!靴を揃えなさい!!約束は守りなさい!!!片付けなさい!!!!

何度も言うよりは、親が出来ているかどうかが大切です・・・

逆に言うと、言っていることとやっていることが一致していれば、

何度も言わなくても伝わるのかも知れません。

 

ちなみに僕に正義感を植え付けた父親の行動は、たった一つです。

僕がまだ小学生の頃、父親が運転する車に乗っていて、

国道2号線で信号待ちをしていた時の出来事です。

前の車の運転席のドアが30㎝ほど開き、

その運転手が灰皿をひっくり返してタバコの吸い殻を道に捨てた時、

事件は起こりました!

信号待ちという状況にも関わらず、父親は車から降り、

前の運転手に文句を言いに行ったのです!!

僕にとっては衝撃的で、その瞬間に僕の正義感はMAXに振れたのです。

 

 

子供は親の事をよ~く見ていますよ!

皆さんも親が『言った事』よりも、親が『やった事』

もしくは『やってくれなかった事』の方が、自分の価値観に刻まれていませんか?

 

 

最後にもう一つ、僕の心に刻まれた父親の『やった事』です。

僕が小学校6年生の時、最後の参観日の出来事です。

今まで一度も参観日に来た事がなかった父親が、初めて来たんです。

それだけ言うと心温まるエピソードですが、

僕の父親の場合はその登場の仕方が事件だったのです。

教室には入口が前と後ろにあり、

参観日ですから当然保護者は後ろの入口から出入りします。

後方から授業を見るのですから、当然です!

ところが僕の父親は違いました・・・

まず、授業が始まってから少し遅れてやってきました。

そして、後ろの入口からそ~っと入って来るのではなく、

前方の入口を勢いよく「ガラッ!」と開放!

慌てて入口を間違えたのかと思いきや

「小川賢一の父親でございます!」と授業を中断して、

大きな声で挨拶をして入ってきたのです!!!

その時の僕の心境は・・・

 

 

良かれと思ってやった事が、相手にどのように伝わるかは相手次第です。

それを気にして自分を抑える必要はありませんが、

子供は僕たちが思っている以上に、親のことを見ているのは確かです!

皆さんは自分の子供に対して、どんな価値観を刻んでいますか?そ

んな事を意識すると、行動も変わってきますよ。

 

 

『「神様」=「子供」は見ています! スタッフも、社長を見ています・・・!  

 

                     木造ホーム㈱小川建美 小川 賢一     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【 2017年6月号 】 夫婦円満の秘訣!

更新日:2017年06月10日  カテゴリー: おがけんニュース

 

おがけんニュースをご覧の皆さん、こんにちは! 小川賢一です。

 

今年の3月・5月に3人の『おがけんスタッフ』が結婚しました!

5年目社員の山名満理子さんが藤井満理子さんになり、同じく5年目の津嶋宏輔くん、

7年目の岡﨑和也くんが家庭を持つ身になるという、怒涛の結婚ラッシュ。

とても幸せな気持ちになり、喜ばしい事なのですが、3人が続くとちょっと大変です。

決して忙しいからという意味ではありませんよ。

一人一人の事を想い、余韻に浸る時間が少ないからです。

 

3人共に結婚式に招待してもらい、『祝辞』という大役を任せてもらったのですが、

僕は『祝辞』とは、『会社での成長を、ご両親に報告すること』だと考えています

(入社後、その人のことを一番近くで長い時間見守っているのは社長の僕なので)。

式の前日からスタッフファイル

(履歴書や今日までのレポート・感想文がファイリングしてあるもの)を読みあさり、

エピソードや成果、

また、どのように考え方が変わってきたかを思い起こしながら準備していると、

当日は相当気持ちが入り込んでしまうのです。

 

特に僕が社長になってから採用したスタッフに対しては、

自分の娘や息子が結婚するような感覚があり、

最近はスタッフのご両親と年齢がさほど変わらないため、

ますますその気持ちは高まっています。

本当はもっと幸せ感に浸っていたいのですが、

数か月の間に娘や息子が3人も結婚していくような精神状態なんです。。

 

 

そんな結婚ラッシュの『おがけん』で、

最近特に意識しているのが、この質問に対する答え方!

 

結婚って、どうですか?

 

答えは3つ ① 「・・・自由がなくなるし、お金も使えんし、

         結婚するまでに、もっと遊んどったら良かった~」

      ② 「ええ時もあるし、嫌な事もあるし、ん~・・・」とごまかす!

      ③ 「そりゃ、ええに決まっとるがぁ!早く結婚したほうがええよ!」

 

僕が20代の頃、同様の質問を先輩にしたら、

全員100%の自信を持って①と答えていました。

なので、『早く結婚するのは損!』

『独身時代をもっと楽しもう!』という考えが主流で、

30歳を過ぎて結婚する人が多かったように思います。

 

でも、今は違います。

僕が20代後半に結婚しなかったのは、

決断できずに、ダラダラしていただけ。

もしかしたら、そのまま婚期を失う可能性もあったよなぁと思うと、

若手スタッフの前では特に意識して結婚はいいよ~とアピールしています。

そんな『結婚してよかった小川家』の会話です。

 

僕     「そぉ~いや~、今日って何の日か知っとる?」

相方    「えっ?誰かの誕生日?」

僕     「はぁ~ん!ほんまに言よん?オレらの結婚記念日じゃがぁ!!!」

相方    「あ~忘れとった~」

僕     「しかも20周年よ!20周年!!」

相方    「ゴメン!ほんまにゴメン!!」

若手スタッフ「社長、本当に結婚してよかっ・たん・で・す・か?」

僕     「いや、結婚の良さは記念日とかじゃねんよ!

       この20年の間の腐れ縁というか、繋がりというか、絆よ!!」

 

ちょっと言い訳じみていますが、夫婦が円満にいくためには 

① 家族が幸せになりたいと想う気持ち

② 価値観のすり合わせ

③ 覚悟 の3項目が必要になります。

そんなに簡単に達成できない3項目ではありますが、安心してください!

短期間にこの3項目を強化する方法があります。

それは、マイホームを建てる事です!

 

一生に一回のマイホーム、家族みんなが笑顔で暮らすための一大決心であり、

一生に一度だからこそ、

夫婦の価値観をすり合わせなければ場所も間取りも仕様も決まりません!

また、高額の住宅ローンを組む事で、覚悟も自然に決まるのです!

よければ参考にしてみて下さいね。

 

 

 

『 そういう僕は、まだ家を建てていません・・・(笑)  

 

                     木造ホーム㈱小川建美 小川 賢一     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【 2017年4月号 】 子育てに正解は ない・・・

更新日:2017年04月21日  カテゴリー: おがけんニュース

おがけんニュースをご覧の皆さん、こんにちは! 小川賢一です。

 

今回は久しぶりの登場、コウタ先生(息子 高校球児 新2年生)です。

なぜ『先生』かというと、親が子供に教わる事が多いからです。

 

当然ですが、親は子供が生まれて初めて親になるので、

子供の年齢と『親年齢』は同じ!つまり、親が偉いわけではありません。

今回は最近コウタ先生から教わった指導者についてご紹介します。

 

 

 

 

コウタ 「父さん、オレは野球を10年やってきたけど、

     指導者ってタイプが3つあると思うんよ。。。」 

 

僕   「いきなり何?・・・なんか不満に思ったことでもあるん?」

 

コウタ 「そりゃぁ~不満はあるよ!

     でも、不満を飲み込める時と、やる気が失せる時があるんよ!」 

 

僕   「で、3つのタイプって何?」

 

コウタ 「一つ目は、自分は何もせんけど、ひたすら厳しいだけの指導者。

 

     二つ目は、たくさんの本を読んで、

     勉強して、高い理想を掲げて、それを押し付ける指導者。

 

     三つ目は、一番偉い人にゴマをすって、のし上がる指導者。

 

     三人とも、言いよる事は分かるんじゃけど、楽しくないんよ・・・

     野球って、楽しいもんじゃねん!?」

 

僕   「コウタが言った三つ目は、ただ偉くなっただけで、指導者じゃねぇな。

     それ以外に自主性に任せる指導者もあるんじゃねん?

     それを合わせて、3つじゃ。

     それから、楽しくねぇのは分かるけど、

     苦しゅうて、頑張ってやり抜いた結果、何かが出来たら、

     それは達成感があるんじゃねん?それも『楽しい』の一つじゃろ・・・」

 

コウタ 「ん~~~、父さんはやってねぇけぇ~分からんのよ!

     でも、小学校の頃の監督は、よく話を聞いてくれた!

     それが自主性じゃなぁ。

     あの監督が一番ええわ」

 

僕   「そうじゃなぁ・・・でも、小学校のチームは弱かったけど、

     今(高校)のコウタらのチームは、今の指導者が強くしたんじゃねん?

     弱いより強い方がええじゃろ!?」

 

コウタ 「それもそうじゃなぁ・・・」

 

 

 

 

この会話で何が言いたいかというと、

指導者により指導方法は変わるし、

子供にとって心地よい指導方法が「良い指導」とは限らないということです。

 

この『厳しさ』『理想』『自主性』に加え、

『優しさ』の使い分けがポイントです。

 

 

心理学的に言うと、

3歳までは自分の性格(自我)を形成している時期なので、

ここで抑制するのは良くありません。

 

理想を言おうが、厳しくしようが、

子供には意味がよく分からないので、

3歳までは徹底的に優しさで接します。

母親がメインで、お父さんにあまり出番はありません。

 

 

4~6歳になると、言葉の意味が理解でき、

倫理観や正義感などの価値観を身につけるので、

この時期には厳しさが必要になってきます。

 

ただし、厳しくするだけで、

お父さんやお母さんが言っている事とやっている事が違ってくると、

『言行不一致』の価値観になるので、

親自身の行動にも注意が必要です。

また、この頃は厳しく接しても子供は素直に受け入れてくれます・・・

 

 

7歳以降は、『優しさ』『厳しさ』の使い分けやバランスが必要です。

もう『厳しだけでは反発心しか生みません。

 

中学生になる頃から、親は子供の理想を刺激し、

高校生以降で自主性を導き出す指導が必要になってきます。

 

ただし、子供の『自主性』のみに任せて大丈夫なのは

成人してからだと僕は思います。

例えば高校生の時に、「勉強をやるもやらないも、自分で決めていい」と言うと、

個人差はあると思いますが、

そこで「楽な道」を選ぶ子は、

社会人になり「すべて自己責任」となった時に苦労するはず。

だからこそ、成人までは他人の力(厳しさ)を借りて、

努力を惜しまない根性を身につける必要があります。

 

 

 

駅伝で有名な青山学院の指導方法は、まさに『自主性に基づいた指導』です。

でもあれは、

部員が高校時代に『厳しさ』に打ち勝ってきた土台があるからこそ成り立つのであって、

土台なしの『自主性』だけでは、

ただの仲良しクラブになってしまうのです。

 

 

そう考えると『親』は、様々な指導法が求められるので、

本当に子供と共に成長しますよね!

 

 

『 ぜひ、子供と自分の成長を楽しみながら子育てして下さいね! 

 

                     木造ホーム㈱小川建美 小川 賢一     

「【 2017年4月号 】 子育てに正解は ない・・・」に1件のコメント

  1. ケンさん より:

    子育てって、人生で一番重要で、やりがいのある事だと思います。
    もしかしたら、人生を賭けてやる事かもしれません。

    でも、残念ながら小川家は一人っ子で、
    すでに子育ては終了しています・・・

    ところが!
    僕は経営者!!
    僕にはたくさんのスタッフが、
    成長したくて、褒められたくて、成果を出したくて・・・
    うごめいているのです。

    自分の子供の子育ては終わりましたが、
    このかわいいスタッフの人財育成も、
    たまらなく面白いのです!

    これは、僕の特権ですね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【 2017年3月号 】 働き方改革って、何?

更新日:2017年03月21日  カテゴリー: おがけんニュース

おがけんニュースをご覧の皆さん、こんにちは! 小川賢一です。

 

先日、ふと飲食店の看板を見たら、

「パート・アルバイト募集!」と書いてあったのですが、

な・んと時給1000円!!!

 

 

しかも、高級レストランではなく、低価格の食べ放題の店なんです。

 

かなりの衝撃でしたが、聞くところによると、

東京の方では時給1000円は最低ラインで、

時給2000円で募集しているところもあるそうです。

一体何が起こっているんでしょうか?

 

 

僕はずばり、人手不足だからだと思います!

外食産業の売上は変わらない(=お客さんの人数が変わらない)のに、

年々若者、特に学生さんの数が減っているので、

需要に供給が追い付いていないのです。

 

もっと言うと新卒採用は年々売り手市場になり、

2~3年後はバブルの時の様になるのではないでしょうか?

いずれは企業が学生さんを接待し始める・・・かも。

 

 

 

『バブル世代の新卒は使い物にならない!』と

聞いた事があるかもしれませんが、まさに僕(51歳)の世代です。

 

なぜ、有能な人が少ないかと言うと、

就職する時にお客様扱いをされ、

『働いてやる』という意識が染み込んでいるからです。

 

「就職して欲しい」と言うから

「就職してやる」「言われた事だけやる」「必要以上に頑張らない」

それでも、それなりの給料がもらえたのです。

 

一番働き盛りの時に努力していないのですから、

当然、能力は上がるはずがありません。

 

 

現にリーマンショックの就職氷河期を乗り越えた人財は、

やっぱり何かが違います。

 

その『何か』とは『初心』です。

 

両親から精神的にも経済的にも自立する『就職』というタイミングで

『仕事観』が形成され、それが勤労の義務ではなく、

働く意味』『働く意欲になっているのだと思います。

 

そういう意味で、これから就職する若者はどんなに頭のいい人でも、

努力できない『環境』だと、

有能な人財になりにくいのではないでしょうか。

 

 

 

さて、政府が押している『働き方改革』、

主な内容は ①同一労働同一賃金 ②賃金の引き上げ 

③長時間労働の是正 ④女性・若者が働きやすい環境づくり などです。

 

つまり、働く時間が短くなり、給料が上がるという夢のような改革です!

これだと、全て与えられ、努力などするはずがない・・・

 

僕は経営者なので、どうしても真っ先に

「じゃあ、どうやって生産性を上げるんなぁ!?これが一番大事じゃろ!」

って思ってしまいます・・・

 

 

それでも、女性の働き方については、

5年前から改革に取り組み始めました。

 

そもそも、何のために政府は『働き方改革』をするのかというと、

「残業に休日出勤・・・日本人は働き過ぎ・・・」

という問題を解決するのが大きな目的のように思えますが、

一番は少子化対策のためなんです。

 

日々、職場でも家に帰っても息つく暇もなく、

働くママ達はそんな状況で「二人目を生みたい」という気持ちにはなりません!

 

現に、旦那さんが夜遅くまで働いている家庭は夫婦の会話も少なく、

一人っ子の家庭が多いというデータもあるそうです。

 

 

小川建美は社員数23名の内、女性スタッフは11名!

(現在育休中スタッフは2名)

育休明けの働き方は、正社員としての復帰はもちろん

社員のまま短時間勤務、在宅勤務という形もあります。

 

そもそも、男性スタッフから「社長は女性に甘い!」と言われながらも、

女性の働き方改革に取り組んだのは、

子育てが終わってからの復職はかなりハードルが高く、

働いても時給7~800円のパートどまり。

多くの優秀な女性が結婚・出産を機に退職してしまうのを、

「なんとか活躍して欲しい!」

「本人のためにも、

将来労働不足が予測される世の中のためにも、女性の活用は絶対に必要だ!」

と思ったからです。

 

 

そんな僕でも、働くママの本当の大変さは理解できていませんでした・・・

でも、ついに理解できるタイミングがやってきました!

 

 

なぜかというと、相方が骨折をして入院しているからです。

(現在入院4週目に突入。もうすぐ退院します)

 

高1の高校球児がいる小川家では、

早い時は朝6時に家を出る息子に合わせて4時半起き

→ 浸け置きの洗濯物を洗濯機に入れスイッチON

→ 大型弁当におにぎり2個をにぎり

→ ついでに自分の弁当も作る

→ 夜飯~翌日弁当分の米をとぎ炊飯予約

→ そのうちに洗濯機がピーピーと鳴り洗濯物を干す

→ 風呂掃除

→ 軽い朝食をとり出社

→ 19時過ぎに退社

→ 洗濯物をたたむ

→ 夕食の準備(休日以外は相方のお母さんが用意してくれている!感謝!)

→ 食器洗い

→ 泥だらけのユニホームの土をすすいで浸け置き

→ この繰り返しです

・・・小さい子供がいると更に大変です!

 

 

つまり、働き方改革をするために!

共働きでマイホームを手に入れ、笑顔溢れる家庭を築くために!!

夫婦での家事分担は必須です!

 

今「え~」と思ったご主人、

ママが1週間入院もしくは、

旅行に行けば否が応でも有難さが身に染みるはずです・・・

 

 

 

『 最近、冷凍食品を見る目が変わってきました! 

 

                     木造ホーム㈱小川建美 小川 賢一     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 / 1012345...10...最後 »

2014年9月以前のおがけんブログ→
2014年9月以前の運動会ブログ→

カテゴリー
最新記事
カレンダー
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
アーカイブ